Wi-Fiをもっと知ろう

無線LANルーターは家の放送局

無線LAN接続とは、近距離でネットワーク(自宅や会社、カフェなどのサービス)を利用する事です。ネットワークがインターネットに接続すれば、もっと活用出来ます。

その無線接続について説明します。

無線LANルーターには色んな機能がありますが、今回はその中の無線機能に絞って記します。

  1. 1、Wi-Fiと無線LAN
  2. 2、無線の種類
  3. 3、無線のセキュリティ
  4. 4、繋がらない原因
  5. 5、設定業者が本当にお勧めする事。

1. Wi-Fiとは?

ワイファイと呼びます。ウィーフィーでもウィフィでもありません。無線接続LANの規格の一つと捉えて良いと思います。アメリカの無線機器に関する会社が作った規格です。

無線LANをより身近にする為に、Wi-Fiのマークが付いてる製品であれば、無線接続出来るよ。ってなものです。現在はWi-Fiマークが無い製品も増えましたが、無線LAN規格に沿った製品であればなんら問題ないです。

2. 無線の種類って何?

無線で接続する為には、まず、使ってる機器(PC・スマホ・タブレット・ゲーム機等)が無線に対応していれば、ここ数年内に発売された機器であれば、大体の無線機器に対応しているといって良いと思います。

種類については、a,b,g,n,acがあり、acが最新規格です。周波数は2.4GHz(ギガヘルツ)と5GHzがあります。よく利用される規格は、b,nが汎用性が高いです。

周波数のそれぞれの特性として、2.4GHzは一般家屋(木造2階建て)では大抵電波が通りやすいです。5GHzは電波は若干壁などの障害で通りづらいですが、電波の発信元(無線LANの親機)の近くであれば、通信速度が速いし、他の機器(電子レンジや冷蔵庫・エアコンなど)の電波障害も受けにくいと云われています。

3. 無線のセキュリティ

「無線接続は何もしなくても繋がるよ。」って場合、セキュリティは0です。

危険という意識を持って良いでしょう。無線LANはネットワークを利用します。ネットワークはパソコンやスマホなどの機器を繋ぐグループです。(初心者向けの説明での説明です。)危険性のある機器をネットワークに繋げれば、そのネットワークの機器は同じように危険性が高まります。悪意があれば、尚更危険です。

無線セキュリティは無線機器が利用され始めたときは、セキュリティ設定が初期でなされてないものもありました。マンションの一室で無線の親機を設置して、無線利用始めたならば、その部屋の周囲(無線電波が届く範囲)は誰でもその無線を利用する事が出来たのです。

無線機器の危険性を除外する為に、無線電波のセキュリティを利用することが勧められました。現在このセキュリティ規格として、WEP,WPA,WPA2等があります。電波を暗号化したんですね。WEP規格の暗号は現在簡単に破られるそうです。WPA2(AES)が最上位のセキュリティ暗号で安心出来ます。新製品で発売されてる無線機器の殆どは、この規格に対応しています。

電波の名前(SSID)は接続機器で見る(認証する)事が出来ます。その電波を利用するにはパスワード(KEYやパスワードと呼ばれる)が必要です。無線機器(親機)の横や裏側や別紙にそのパスワードが記されています。

パスワードを無線接続使用とする利用機器に設定してあげれば、ネットワーク利用が出来るようになります。

4. 繋がらない原因

無線の電波は目に見えません。
ドアを閉じたから、電波が通り難い事はあまりありませんが、障害を受けやすい場合があります。特に、別棟や外壁を通すのは困難です。改築・増築された場合も、その場所を境に電波が通りにくくなります。また、親機と子機の間にユニットバスがあっても通りにくいです。また、電子レンジやエアコンが作動時に電波が飛びにくくなると云われていますが、それほど影響は大きくないと思われます。それより、冷蔵庫が作動するときの方が影響あるのでは無いかと実体験上思います。

上記のような電波が届きにくい場所で利用する為の解決方法としては、無線LANルーター(親機)を購入する際に、コンバーターを一緒に(もしくはセットで)購入すると良いでしょう。親機からなんとか届いた微弱になってしまった電波をしっかり掴みつつ、コンバーターから電波を発信するようになります。電波の発信元は二つになりますので、それぞれの機器の場所から近い方を優先的に利用しますので、快適になるでしょう。

5.設定業者からお願いしたい事。

様々なお家に無線の接続や設定で伺って、お願いしにくいけどお勧めしたいのは、

1、無線機器(親機)は10年以上使ってるのならば買い換えましょう。もしくは、スマホやパソコンを買い換えるタイミングで、一緒に買い換える事をお勧めします。

2.、無線LANルーターは故障しにくい機器なので、結構永く使用出来ます。ここ数年はセキュリティの規格はWPA2のままで良いですが、より速度が上がって、電波の届きやすさもちょっとずつ良くなっています。手にする機器(無線子機)は高性能なのに、無線LANルーター(親機)の性能が低いと、性能や機能を使いこなせずに勿体ない事になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。